プロフィール

1971年、フランス・ポンタルリエに生まれました。祖父、叔父、父がアコーディオンに親しむ一家で小さい頃より楽器には触れていましたが、10歳でアコーディオンを本格的に始め、13歳にしてダンスホールで演奏を行うようになり、15歳の時ジルベール・ブロカールのクラスに入ったことが、後にボタン・アコーディオン教育の中で重要な運指の指導、またヴァルス・スゥイングやマヌーシュに出会うきっかけとなりました。

父がアコーデイオンクラブの代表であったため、若くしてダニエル・コラン氏、アンドレ・ベルシュラン氏など著名な奏者と共演する機会を得ました。1991年にはフランス全土のアコーディオン連盟杯で優勝、共和国大統領賞とSACEMの最優秀賞を受賞し、1992年にはアコーディオン世界大会のファイナリストに。

  

マルセル・アゾラ氏に勧められ21歳より執筆を始めたアンリ・ルモワーヌ社のアコーディオン教則本は20年以上に渡るベストセラーになり、今ではフランス全土のアコーディオン教室の86%が使用しています。

1995年に開校した音楽学校で、アコーディオン、ピアノ、サックス、ドラム、ギターを音楽教育に情熱を傾ける一方で、フランス国内、海外でもアコーディオン奏者としてコンサートを開き、数多くのフェスティバルに参加しています。

<ダニエル・コラン氏と>

<リシャール・ガリアーノ氏と>

 

2017年には東急・自由が丘駅88周年記念イベント、目黒パーシモン小ホールでのコンサート、CD「さくらすりじえ」の発売を含む“花のアコーディオン・コンサート”シリーズで待望の初来日を果たしました。